The University of Melbourne

大学の紹介

大学の沿革と概要

メルボルン大学はビクトリア州議会によって1882年後半に導入され、1853年早くに創設されました。授業は3名の教授と16人の学生で1855年に開校されました。元々の建物は公式に1855年10月3日にビクトリア植民地の副総監であるチャールズ・ホーサム氏によってスタートし、レッドモンド・バリー氏は1880年に彼が亡くなるまで、初代学長の地位を独占しました。

大学が創設された早い段階で、建築的な基本計画ができました。そして意図的に大学の建物スタイルをゴシック復興として確立しました。早くから影響力の大きい建築家には、初期のキャンパス内の建物の多くのデザインを手がけたメルボルン出身のジョセフ・リード氏も含まれました。基本計画は1930年代まで続きましたが、1950年代には新しい家庭的な様式で、現代的なスタイルが見られるようになりました。その様子は、今日の大学の建物の融合から見ることができます。

ビクトリアのゴールドラッシュから富を得たことによって、大学の発足が可能になりました。学校は早い定着と商業の成長のときに“啓蒙的な影響”になるために、構成されました。それは非宗教的に構成され、教会は北部周辺にだけ大学を作ることができましたが、大学での神学は除外されました。地元住民の大部分が教授職に想定されたエリート主義を拒否し、古典のように実用的でないと考える伝統的な学科よりも、法学のように実用的な学科の教授を支持しました。この長い論議の末、法学は1857年に、そして1860年代には医薬と工学も導入されました。

1881年における女性の入学は、地元住民にとって、保守的な判決協議会を越えた先に続く勝利でした。その後数年は新生の大学の方針に、多くの緊張が見られました。そして1902年、大学の会計担当のフレドリック・ディクソン氏による24000ポンドの不正な横領が発覚し、事実上破産していたことがわかったとき問題は頂点に達しました。(当時毎年の補助金は15000ポンドであった)このことは王室委員会によって、農学、歯科医療、教育学のような分野での功利主義のコースの拡張と財源の回復につながりました。

1945年までの間に、大学は二つの役割を担いました。一つは、裕福なクラスの若い男女にプロフェッショナルなトレーニングを提供すること、そして時折、貧しいが才能のある奨学生に社会的、専門性を増す機会を与えることでした。もう一つの役割は、19世紀後半から20世紀にかけてますます重要になった活動である「研究」の重要な場所として存在することでした。

第二次世界大戦後、オーストラリアでは連邦資金による学生のための需要が伸び、大学はその需要に応じさらに大きく包括的になりました。また、20世紀後半にはメルボルン大学は国際的にも評判を得て、オーストラリア国内の大学の中でも著名な地位を維持するようになりました。

メルボルンと卒業生は、新しい世紀に未来の世代の評価の中で成長を続け、常にその素晴らしい歴史に誇りを持ちながらも、来たる数十年に渡って高等教育を主導し進んでいきます。

学生およびスタッフ数(2016年度)

全体学生数 47,000名
現地学生数 35,000名
留学生数 12,000名
大学院生数(リサーチ)
大学院生数(コースワーク)
学部生数
教授(Academic Staff)数

メルボルン大学の国際的な活動

オーストラリア国内だけではなく、世界的基準に照らし合わせた上で、意義ある教育を推進しているという意味で、国際的ないくつかの団体に加盟、活動を続けています。 -Association of Pacific Rim Universities(APRU) 世界各国42大学が加盟する団体で、UCLA、スタンフォード大学、東京大学、北京大学なども加盟しています。 メルボルン大学の国際的な活動についてはこちらから

本サイトはメルボルン大学公式ホームページの情報をまとめた日本語版のサイトです。
ICC国際交流委員会はメルボルン大学から認可を受けた「公式出願窓口」として、同大学に留学を希望する方へ留学相談、出願受付、渡航準備に関するアドバイスを無料で行っています。

サイトマップ

ICC国際交流委員会は、The University of Melbourneの許可を得て日本語情報サイトの運営をしています。
ICCは日本におけるThe University of Melbourneの正規出願窓口として、サイト運営の他、The University of Melbourneへの留学 希望者に対して、留学カウンセリング、入学手続きを全て無料で提供しています。
このサイトは大学サイトに掲載された内容を抜粋して作られていますが、一部の情報は日本人学生向けにさらに詳しく紹介しています。

ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階 株式会社 ICCコンサルタンツ
※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員