The University of Melbourne

大学の紹介

大学の魅力(特長・特色)

オーストラリア屈指の名門大学

メルボルン大学はビクトリア州最古の大学として、シドニー大学と並び160年以上の歴史をもつ名門校です。オーストラリアを代表する大学連合 "Group of Eight" の1校で、国際的な大学連合 "Universitas 21" 研究機構のメンバーでもあります。また、世界の大学評価でも例年国内トップランクに入り、 "Times Higher Education2016-2017"では、世界ランキングで33位にランクされるなど、栄誉を与えられました。

幅広い知識と専門性を高めるメルボルンモデル

メルボルン大学では、2008年からメルボルンモデルと呼ばれる独自のカリキュラムを導入しています。学部レベルで一般的な知識を広く身につけ、更に大学院で専門性を高めるというこのカリキュラムを通じて、学生の自己啓発、リーダーシップ育成などを目指します。また、授業で身につける学力に加え、実際の社会で通用する力を養うことも目的としています。

伝統と格式のあるキャンパス

伝統と格式を感じさせるメインキャンパスのParkvilleキャンパスは、メルボルンのビジネス街から約4km北に位置する市内中心部にあります。Parkvilleキャンパスはメルボルン市内の便利な立地ながら、広大な敷地が広がっています。その他にも、ビクトリア州各地に8つのキャンパスが点在しています。

国際色豊かな文化を持つメルボルン

ビクトリア州の州都メルボルンは、シドニーに次ぐ大都市(人口約440万人)です。エコノミスト誌の「世界で最も暮らしやすい都市」で二度に渡り一位を獲得しています。生活水準、教育水準が高く、治安も安定しているため海外からの移住者が多い多文化都市として知られています。また、テニスの全豪オープン、F1グランプリ、また毎年メルボルンカップなどが行われるスポーツ都市としても有名です。さらに、数々のアートギャラリーと博物館、王立展示館とカールトン庭園(世界遺産)を有しており、ロンドン、ニューヨーク、パリに次ぐ多さで世界の学生が学ぶ、国際的な学術都市です。

メルボルン大学出身の著名人

第2代首相Harold Holt氏をはじめ、12代、17代首相の出身大学でもあり、数々の政治家やノーベル賞受賞者を輩出しています。

  • Frank Macfarlane Burnet ノーベル生理学・医学賞(1960年)
  • John Carew Eccles ノーベル生理学・医学賞(1963年)
  • Elizabeth Helen Blackburn ノーベル生理学・医学賞(2009年)
  • Germaine Greer 女性解放運動家、作家、ジャーナリスト
  • Cate Blanchett 女優

本サイトはメルボルン大学公式ホームページの情報をまとめた日本語版のサイトです。
ICC国際交流委員会はメルボルン大学から認可を受けた「公式出願窓口」として、同大学に留学を希望する方へ留学相談、出願受付、渡航準備に関するアドバイスを無料で行っています。

サイトマップ

ICC国際交流委員会は、The University of Melbourneの許可を得て日本語情報サイトの運営をしています。
ICCは日本におけるThe University of Melbourneの正規出願窓口として、サイト運営の他、The University of Melbourneへの留学 希望者に対して、留学カウンセリング、入学手続きを全て無料で提供しています。
このサイトは大学サイトに掲載された内容を抜粋して作られていますが、一部の情報は日本人学生向けにさらに詳しく紹介しています。

ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階 株式会社 ICCコンサルタンツ
※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員